Welcome to my Blog !!
自分の人生の目標、達成したいこと、自分の行動基準、自分との約束、みたいなことを書き出したリストです。
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●お気に入り
7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった! (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R. コヴィー,ジェームス スキナー
●お気に入り
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
●お気に入り
●リンク
このキャンペーンに賛同しています
ほっとけない 世界のまずしさ
みんなで止めよう温暖化
カウンター(H18.10.29〜)
ブログパーツUL5
キーワードアドバイスツールプラス
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
参加ブログ
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
財務分析
コンサルタントの仕事にひとつに財務分析があります。対象会社のP/LやB/Sを過去5年間くらい時系列に並べて分析していくのが基本です。ここでポイントになるのがB/Sです。つまり貸借対照表分析に力点が置かれる気がします。

資産及び負債の実在性・網羅性などを確認すること。これが過去のデータからの分析です。また、予測も行いますが、この場合はP/L及びC/Fが中心となります。

ここで思ったのが税務調査との違いです。

税務調査では、調査官はどのような分析をしてくるのか。それは目的から明らかで、税務調査は申告書の所得金額が正しいかどうかを確かめに来ます。それ故、所得の基礎となる利益・・・すなわちP/Lを中心に分析をしてきます。当然、B/Sも検討しますが損益が主となります。

3年から5年間の損益を並べてみると異常数値が現れることがあります。絶対額・比率・増減額などなど・・・多方面から検討してみます。しかし、これはあくまで机上のお話です。
分析でポイントやヒントをつかみますが、あとは実際に調査を行って裏づけを取り、疑問点をひとつひとつ潰していく作業が税務調査と言えるでしょう。

過去の数値を徹底的に分析するのが税務調査です。

これに対してコンサルタントでは、将来予測という未来の数値を検討する場面が多くあります。それが根本的に違いますね。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


仕事・社会16:03comments(0)|-|
bot
スポンサーサイト


|-|16:03|-|-|
bot
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)





bot