Welcome to my Blog !!
自分の人生の目標、達成したいこと、自分の行動基準、自分との約束、みたいなことを書き出したリストです。
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●お気に入り
7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった! (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R. コヴィー,ジェームス スキナー
●お気に入り
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
●お気に入り
●リンク
このキャンペーンに賛同しています
ほっとけない 世界のまずしさ
みんなで止めよう温暖化
カウンター(H18.10.29〜)
ブログパーツUL5
キーワードアドバイスツールプラス
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
参加ブログ
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
直感力
思考力と直感力

この力を意識すると人生は変わる。

この相反する力を意識する。思考は日々、みなさんにとっても自動操縦的に行っていることではないでしょうか(いや、何も考えていません!!という人はいないでしょうから・・・)。でも、直感力を意識的に使っている人は、本当に少ないのでは。

この直感が、いかに大切なのか?

思考には、必ず限界があります。知識量、人脈数、経験、環境などによって、限られた情報の中で考え、判断します。頭の中で考えていては、いろんな限界しか見えなくなるだけです。そのうち、余計な心配をしたり、不安を乗り越えるために、不必要な仕事を増やしたりしてしまうのです。

決めるまで膨大な時間の心配と不安にもてあそばれるよりは、決めてから悩んだ方が、自分にとって10倍も効果的で、楽だと感じられるのでは!!

ワクワク半分、不安半分で決めて直感に従ってみると、人生のストレスが大幅に少なくなるのでは・・・・。

思考錯誤した決断が必ず正しい答えである保証はありません。俗に、経営者の判断は50%以上の確立で誤ります。そこで成功者と呼ばれる人々と違いはどこに生まれるのか。それは一度下した答えのフォローにあります。

答えが誤りと気づくと素早くフォローします。変化に対応できる・・・恐れという感情に対応できるのです。しかも、それをワクワクしながら、やってします。

では、直感は当てずっぽうなのか?

これは、全くの誤解です。誰でも第一印象とか、最初に思った答えが正しかったという経験はないでしょうか。無意識的に脳が、過去の経験やそれまでの知識、状況などを瞬時に判断して感じている行為なのです。結局は思考的発想と遜色なき過程を経て、答えを導きだしているのです。しかも、瞬時にです。

直感力を意識すると今まで使っていなかった(使っていたのに自分で蓋をしていた?)感情でスピード感あるストレスの少ない決断が可能となります。一度、試してみてはいかがでしょうか。


知識・教養10:34comments(0)|-|
bot
スポンサーサイト


|-|10:34|-|-|
bot
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)





bot