Welcome to my Blog !!
自分の人生の目標、達成したいこと、自分の行動基準、自分との約束、みたいなことを書き出したリストです。
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●お気に入り
7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった! (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R. コヴィー,ジェームス スキナー
●お気に入り
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
●お気に入り
●リンク
このキャンペーンに賛同しています
ほっとけない 世界のまずしさ
みんなで止めよう温暖化
カウンター(H18.10.29〜)
ブログパーツUL5
キーワードアドバイスツールプラス
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
参加ブログ
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
素人が72時間以内にインターネットで300万円を稼ぐ!
ネットビジネスの市場は現在、100兆円以上の規模があると言われています。

私も例えば、プログやホームページ、メールマガジンなど、これら情報ツールを利用して、ビジネスのひとつの道具として活用できればと思っています。

しかし、ただ闇雲にこれら情報ツールを活用しようとしても、ノウハウのない人間がこれを行うことは非常に大変でしょう。では、どのように始めれば良いのか・・・・。

ところで、現在情報産業で成功した人物で、一番の大富豪は誰でしょう。


そう、その名は「ビル・ゲイツ」です。


では、どうして彼は成功したのでしょう。ひとつあげるとしたら、何でしょう。


それは、彼の商品を何百万人もの人々が売り続けているからです。

世界中のPC製造メーカーはOSにWindowsを採用して、売り続けています。新商品がでるとPCショップはそのソフトを大量に販売してくれます。しかも、世界中のショップがです・・・。

レバレッジ効果(てこ効果)。マーケティングでは基本的な戦略ですが、てこのように小さな力で、大きな力に変換してしてしまう。そんな力があなたにもあったとしたら・・・

簡単に言えば、「他人の力を借りることを考える」という戦略。

一人では限界があります。なら、他人の力を借りればいい。そのためにはどうすればいいか。

あなたのビジネスで応用することはできないでしょうか。考えてみてください。


さて、話を戻しましょう。

「素人が72時間以内にインターネットで300万円を稼ぐ!」ことが可能なのか。

可能です・・・。実際にそういう人々がいるのです。

情報や知識を商品として売れば、大金を稼ぐことができてしまう。そして、それを他人に売ってもらえばいい。ただ、それだけのこと。

では、実際のどうすれば良いのか。

1 HP(ホームページ)の体系

 ‘り口ページ  見込み客をつかむ(名前、Eメールアドレスを入力してもらう)
 ⊂ι淵察璽襯好據璽検レター型の形式が良い
 商品ダウンロードページ 

これらを完全自動化すれば、あとは勝手に販売をしてくれる。あなたが寝ている時でも、食事している時でも・・・

2 ネットビジネス成功の3つの鍵は・・

‐ι
・需要がある。オンラインで人が探してしるもの。
・売りやすい。あなたにとって売りやすいもの。
・作りやすい。情報商材なら、製造の必要がない。

商品アイディアの発想(ITで売れるものは)
・あなたの今の仕事は?そのなかで使えるノウハウは・・・
・あなたのノウハウを他の業界に持っていくと、何でもないものが非常に価値を高いものになる。
・あなたが得意なもの(趣味でもOK)、専門的知識があるものは・・・

売れるポイント
・不安や問題解決策を売っている。
・ニッチ商品、業界用品を売っている。
・他人に話し難いものを売っている。
・「分かりにくい」ことを対象にしている。

口コミを生む商品のポイント
・業界の人々が使いたがる
・人助け性がある
・人に見せて自慢したくなる
・ネタにできるストーリー

これらを事柄を明確にし、ポイントを絞り込むことができたら、きっと、あなたにも「良い商品アイディアが」生まれるはず・・・
経済・もの・お金19:01comments(0)trackbacks(0)
bot
スポンサーサイト


|-|19:01|-|-|
bot
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)





bot
この記事のトラックバックURL
http://az-you.jugem.jp/trackback/62
トラックバック


bot