Welcome to my Blog !!
自分の人生の目標、達成したいこと、自分の行動基準、自分との約束、みたいなことを書き出したリストです。
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●お気に入り
7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった! (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R. コヴィー,ジェームス スキナー
●お気に入り
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
●お気に入り
●リンク
このキャンペーンに賛同しています
ほっとけない 世界のまずしさ
みんなで止めよう温暖化
カウンター(H18.10.29〜)
ブログパーツUL5
キーワードアドバイスツールプラス
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
参加ブログ
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
思考は現実化する
ナポレオン・ヒル著「思考は現実化する」はあまりにも有名な著書です。

この「思考は現実化する」とはいったいどういうことでしょうか。

思考とは、人が心で思い考えることで、夢とか目標とか願望とかに繋がっていく言葉でしょう。ここで重要なことは、この思考をポジティブに捉えることです。

ネガティブ思考については、今回は考えないことにします。つまり、感情をコントロールすることにより、ネガティブ思考を排除できると考えます。

さて、話を戻しますが「思考が現実化する」・・・考えたことありますか。


たとえば、園児や小学校の低学年の児童に「あなたは大きくなったら、何になりたい、夢はなに?」という質問をしたとします。

すると、彼らは「幼稚園や学校の先生、おまわりさん、看護士さん、歌手、野球やサッカーの選手など」と答えるでしょう。おそらく、幾つかの答えに集約されると思うのです。

なぜか・・・。それは、彼らは自分の周りや親など特定の影響を受けた範囲での職業しか思考がないからです。思考がないから、なりたいこと、したいことは限定されていて狭い範囲でしか答えが出せないのでしょう。

だから、彼らの思考にはない、例えば、「脳の神経伝達を研究する学者になりたい」とか「古代文明を発見する冒険家なりたい」「団塊の世代とユビキスタスとの融合を図る事業を起業したい」など、思いもしませんから絶対に現実化しないのです。

さて、この「思考は現実化する」を今のあなたに当てはめて考えてみることにしましょう。

次の質問にお答えください。

「あなたはお金が欲しいですか・・・」

自分に正直になって答えてくださいね。すると、大富豪の人々は例外として、ほとんどの人は

「お金は欲しい」

と答えると思います。

では、

「いくら、欲しいのですか・・・」

「いつまでに、欲しいのですか」

「なぜ、どうして欲しいのですか」

すぐに答えることはできますか。

「・・・・」

すぐに答えることができない人は、「ただ、お金は欲しい」と思っているだけで、「いくら、いつまで、なぜ」が明確になっていないのです。つまり、思考がないのです。

思考がないということは、上述した園児などの夢と同じようで、思っていないことは現実化することは絶対にないのです。だって、考えたこともないし、その存在すら脳にはないです。

「お金が欲しいですか」

「欲しいです」

「いくら欲しいですか」そして「いつまで欲しいですか」

「5年後までには、自分の預金通帳に5億円の残高なるように、そして、10年後には20億円の残高になるように・・・欲しいです」

「どうして欲しいのですか」

「10年後までには、経済的絶対自由人となり、また、そのお金を利用して人々に夢や希望をもてる心をもつ教育がしたからです・・・」

という思考はどうでしょう。思考が存在できれば、5年間で何を、どのように、誰と、やればいいのか考えるでしょう。5年経過した時点で、それまでの反省と今後の5年の行動を考えるでしょう。現実化するために信念や情熱を燃やすでしょう。

思考していなかった人に、10年後同じ質問をしてみます。

「お金は欲しいですか」

「欲しいです」

思考した人に質問をしてみます。

「お金は欲しいですか」

「お金以上の価値あるものに貢献したいと思っていますので・・・。それより、私にあなたのためにできることはありませんか」

どちらの人生を送るのでしょうか。みな、この機会は平等に与えられているはずです。
心・精神12:49comments(1)trackbacks(0)
bot
スポンサーサイト


|-|12:49|-|-|
bot
コメント
今、自分の人生(仕事)において、転機を迎えています。
‘思考は現実化する’を再度読み返そうとした瞬間に、他の方たちはこの書物に対してどのような感想を持っているのだろう・・・、そんな思いで、パソコンを開いたところ高木先生のブログに出会えることができました。

同じ埼玉(私は浦和です)でこんなに志高く、人生に、仕事に打ち込んでらっしゃる方がいることが嬉しくなりました。
[人を幸せにする]ことをこんなに真剣に考えてる人が・・・
ショックでした。前向きなショックでした。

私自身、銀行という職場で部長という肩書きまで頂き、ヘッドハンティングされた会社で役員までさせて頂き・・・、でも何か物足りない人生にいつも矛盾を感じていました。
先生のような考えを持ちたい、そんな人のそばで生きていたい、自分もそうなりたい・・・。

それが答えだったのだと今、感じ始めています。
| くろかわ | 2012/02/03 12:16 PM |

コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)





bot
この記事のトラックバックURL
http://az-you.jugem.jp/trackback/94
トラックバック


bot