Welcome to my Blog !!
自分の人生の目標、達成したいこと、自分の行動基準、自分との約束、みたいなことを書き出したリストです。
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●お気に入り
7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった! (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R. コヴィー,ジェームス スキナー
●お気に入り
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
●お気に入り
●リンク
このキャンペーンに賛同しています
ほっとけない 世界のまずしさ
みんなで止めよう温暖化
カウンター(H18.10.29〜)
ブログパーツUL5
キーワードアドバイスツールプラス
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
参加ブログ
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
継続は力なり
更新が久しぶりになってしまいました。

継続は力なり

情報は発信し続けることが大切です。あらためて、そう思う一日でした。

今日、ホームページである司法書士さんのページを見つけました。お客様から会社設立の依頼を受け、信頼ができて・・・ビジョンがしっかりしていて・・・人格的に成長を続けている人・・・。探し求めていました。

大変、失礼ではあったのですが、アポをとらさせていただき、ランチをご一緒させていただきました。もちろん、初対面ですが、その方の人間性や誠実さ、仕事上の悩みや上手くいったことなど、共有できる部分が多くありました。

出会いはビジネスをする上でとても大切な要素です。でも、それを超えて人生を楽しくしてくれる時間でもあります。

一人でランチをとることもあります。でも、同じ食事をとるなら、どなたかと時間を共有しつつお互いが成長できる出会いを求める・・・そんな姿勢でいこう!!

暑い夏!!!


心・精神19:52comments(0)|-|
bot
バカであれ!
2005年にスタンフォード大学の卒業式でアップルの創業者スティーブ・ジョブス氏のスピーチをご紹介したいと思います。

このスピーチの中でとても心に響いたのは、


人生は限られている

他人の考えや、誰かの人生を生きて人生を無駄にするな

自分の心に従え

今はわからなくても、今、自分の心に従っている事が将来
どこかでつながると信じろ

今、自分の好きな事がわからなければ探し続けろ

そして、ハングリーであれ、バカであれ(小さくまとまるな)



という言葉です。

以前も紹介させていただいたのですが、改めて、この言葉を聞いてみると感じるものがあると思います。

「人生は限られている」
人生は有限です。いつのまにか無限の時間があると思い込んでしまいがちです。無駄な時間は人生にはありません。すべて貴重な時間なのです。だからと言って、スケジュール人間になれ!ということではありません。
考える時間、遊ぶ時間だって必要です。どういう意識でその時間を費やしているかです。

「自分の心に従え」
直感力という本を最近読みましたが、まさにこれです。判断・決断をするときには、自分の心に訊くのが一番だということです。他人の意見や周りの環境、その時の状況なども、もちろん大切です。でも、もう一度、心を静めて自分自身と会話をしてみること・・・だと思うのです。それで誤った解答を下したとしても、一歩前進ですよ。

「ハングリーであれ、バカであれ(小さくまとまるな)」
常識という意識は、自分の可能性を狭めてしまうことがあります。常識というメガネを置いて、今までと違う視点で出来事を観察できるようになったとき、世界が変わります。一瞬で、世界が変わるのです。いや、いままで知らなかった世界と出会うことができると言ったほうがよいかもしれません。

私たちが知っている世界は自分で作り出した世界です。これまでの生き方、環境、体験・経験などに形作られた・・・ちょっとの世界です。

まだまだ、未知の世界があるのに気づこうともしないなんて・・・もったいないです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


心・精神17:47comments(0)|-|
bot
梅雨ですね。
いよいよ関東地方も梅雨あめですね。今日は、ここ地方都市でも本格的な雨です。地球温暖化の影響かもしれませんが、5月の東京地方の雨は、観測史上でもトップクラスの降水量と聞いています。

今年の梅雨は長いのかな。平年より早め・・・昨年より1週間以上も早いとか。

この雨で「泣く人悲しい」「笑う人楽しい」たちがでてくるのでしょう。私の予想??では、今年の梅雨は長期化します(根拠はありません)。それゆえ、雨関連の経済は潤うこと間違いなし。今から、それら企業の株を買えば必ず儲かります(株式の売買は自己責任でお願いします)。

逆に苦しくなる産業もでてくるかもしれません。代表的産業としては観光・レジャー産業です。天候に左右されやすい・・・例えば「東京ディズニーリゾート」などは大打撃を受けてしまいます。7月下旬まで梅雨が続けば、海やプールなどのレジャーもダメでしょう。

では、こんな仮定をしてみました。「今年の梅雨は長い」・・・

あなたの会社にとって、この梅雨が長いという出来事でどんな影響を受けるのでしょうか。プラスの影響でしょうか。マイナスの影響でしょうか。

接客業をとってみても、レストランや百貨店は来客減が予想されるかもしてません。しかし、同じ接客業でも郊外型のモール(駐車場付)やタクシー業界にとってはプラスの効果が生じるかもしれませんね。

今の生活や仕事にとって、どんな影響がでるのか。そして、たとえマイナスの影響がでると予想されたとしても、焦点を変えたり、今から準備をすることによって、それを回避することができるかもしれない・・・あるいは、ピンチをチャンスにすることだって可能だと思うのです。

あー、今年の梅雨は・・・と嘆く前に!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


家族・プライベート14:53comments(0)|-|
bot
退職して1年が過ぎました!
2007年5月31日をもって東京国税局を退職し、1年が経ちました。

早いものです。

退職した日に今日という日を想像できたでしょうか?
できるはずもありません。

税理士として独立するにも登録は8月下旬・・・コンサルタントを行うにしても国家公務員倫理法により、退職してから1ヶ月間は許可がでるまで業務が出来ない状態でした。

つまり、去年の6月は完全無欠のフリター(アルバイトもできず)でした。当然、妻と娘と息子を養わなければならない状況です。

若干の退職金は、独立資金に充てられ・・・・生活費はどうするんじゃい!!という経験もしています。

一度、人生をリセットするとはこんなものでしょう。

だって、リセットするんですよ。楽になろうと思ったわけではなく、仕事をしたくないと思ったわけでもない。ただ、自分の決断を信じて、昨年の6月を向かえたという感じです。

でも、本当によかった・・・・リセットして!

今は、毎日がチャレンジャーになれます。同じ仕事のルーチンワークなどありません。
仕事の基準も自分で決めます。家族との時間、遊びもコントロール可能です。

そして、なにより・・・素晴らしい仲間たちとの出会いや多くのお客様とのお付き合いができるようになりました。

人生最大の喜びです。

6月1日は、私の「独立記念日」

来年は盛大に盛り上がった報告をここでさせていただきます。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


税理士・コンサルタント15:28comments(0)|-|
bot
今年のGWは・・・
今年のGWは、比較的天候も良く行楽日和だったかと思います。

我が家のGWというと・・・
娘と息子は、群馬県のおじいちゃん宅にお世話になりました。親は・・・自宅でお仕事になってしまいました。私は、コンサルティングのレポート作成を、そして、妻には3月決算の会社の入力業務をお願いしてしまいました。

どうしても、3月決算の会社が多いので5月下旬まではバタバタしてしまいます。これから毎年、GWはこんな感じ?になるのでしょうか。ハァー(笑)

ちなみに昨年のGWは3泊4日でセミナー(幕張)に参加していましたので、2年間続けてGWは家族で過ごすことができなかったことになるのかな・・・。

この時期は、本当に過ごしやすく事務所や自宅にいるのがもったいないですねおてんき。公務員時代では、当然に時間に拘束されていましたが、フリーランス状態の今では自由を有効に利用しようと思っています。

不思議なもので「時間」という概念が、サラリーマン(OL)と経営者(自営業者)やビジネスオーナーとでは流れ方も感じ方も違うと思います。このギャップを認めつつ対応しないと上手なコミュニケーションが図れません。

私は、今、自由に休暇をとることができます。だれの制約もなしにです。また、いつでも自由に仕事をすることもできます。極端な話・・・仕事をしたい時にして、休むときは休めば良いのです。すべて、「自己責任」です。

この「自己責任」の重さが断然に違うのです。改めて「責任」って何でしょうか。「責任をとる」とは言いますが、本当に責任をとったことがありますか。どうやってとりましたか。それで、自分は納得がいきましたか・・・・。

責任って本当に難しいことだと思います。重大な決意表明でもあります。

コンサルティングでも税務でも責任は、ついて回ります。

人生も責任をもって過ごす必要があります。

あなたの人生、自己責任をもって過ごしていますか。このたった今も・・・

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


税理士・コンサルタント14:17comments(0)|-|
bot
ホテル暮らし
先々週から、群馬県に出張に来ています。

コンサルタントの仕事は、ほとんどが地方の案件であり「東京が現場」というのは少ないです。地方となると当然、出張になります。出張になるとホテル暮らし・外食・運動不足などのパンチがボディーブローのように効いてきます。

国税専門官時代でも出張はありました。調査先の支店や工場、反面調査のため取引先に行くこともありました。私は東京国税局に在籍していたため、比較的出張は少なかった方だと思います。地方の国税局では調査の都度、出張だよというのが当たり前でしょう。

公務員が出張する際の旅費は、法律により規定されているため、交通手段や宿泊施設などは限られたものしか利用できませんでした。仮にグリーン車やある程度のビジネスホテルを使うと「足が出て」しまい、不足分は自腹になります。

国税職員は全国に同僚・先輩(上司)・後輩がいるため、通常、出張すると事前に連絡を取り合い、夜の街を案内してもらうことが慣習となっていて、食事代・飲み代も相当かかってしまうことがありました。

ただ、1年に何回も会うことができない仲間に会うため、昔を懐かしみ、近況を報告し合う等の情報交換の場でもありました。はっきり言って「すごい仲間意識」です。この「仲間意識」が全国ネットで形成されているため、国税の組織力は公式以外にこの「非公式組織」の団結力が、5万人を超える職員の意思統一を図る基盤になっていると感じています。

話を戻します。さて、ホテルでの生活・・・長期化してくると何が困るのか。自分なりにまとめてみると・・・。

食生活が外食中心となるため、栄養のバランスが悪い。
朝・昼・夜しかも晩という4食となり、質・量ともにカロリーオーバーになる。私はアルコールは飲まないので、まだ良いと思うが、これでアルコールと採ったら想像に絶する。

運動不足に陥る
ホテルと現場の往復はタクシーを利用してしまうため、殆ど歩かない。また、朝はウォーキングでもすれば良いのだが、生活のリズムを壊して、ギリギリまで寝ていることが多いし、現場では机に座っての作業が中心のため、殆ど歩かない。1日3,000歩も歩かないのではないか。

生活のリズムが崩れる
特に夜の生活が崩れてしまう。ホテルで仕事を持ち帰ることもあり、また、日常ではTVは見ないが、ついつい付けてしまう。だらだらTVを見てしまい読書など自己啓発の時間がとれない(意思が弱い)。また、長期になると食生活や運動不足などから睡眠状態も悪くなり、朝目覚めても爽快感がない。

集中力がなくなってくる
これも上記のような状態から、集中力がなくなってくる。疲れも溜まりやすくなるしパワーも萎んでくる。イカンイカンと思ってもこればかりはどうにもならい。

当然、作業能率が悪くなってくる
結論から言って3泊以上すると、明らかに作業能率は悪くなる。1週間の出張なら中日あたりで、休息するか、一度帰宅して再度、出張の方が明らかに肉体的にも精神的にも良いのではないかと思う。

いろいろとネガティブなことを綴ってきましたが、そんなことばかりを言ったところで状況は変わりません。この状態のなかでもできる限りのパフォーマンスをあげること・・・これがプロだというものです。

食生活が悪いなら、野菜中心の食事にしてみる。運動不足なら朝や晩にホテルの周りをジョギングしてみる。生活のリズムを一定に保つため、寝る時間と起きる時間を毎日キチンと決める。・・・・いろいろな改善でクリアーにされていきます。

習うより慣れろ!!です。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ




税理士・コンサルタント14:09comments(0)|-|
bot
意思決定のスピード
手帳を開くと、日程がぎっしりと埋まっていることに驚く。土日関係なしにスケジュールが入り込んでくる。仕事もプライベートも隙間時間に入り込んでくる。

電話やメール、紹介などいろいろな形で、その出来事は私も元にやってくる。時間との勝負だよという出来事には、特段に神経を使う。そして、即決するように心がけている。後回しをすると「あっと」いうまにゴミの山になってしまう。そう!情報が陳腐化して使い物にならなくなってしまうこともある。

4月末から5月初旬にかけて、新規の商談が目白押し!!うれしい限りであるが、その準備を考えるとまたまた、頭がフル回転状態になる。

私は、独立して多くの商談をしてきたが(営業の立場もあれば、お客の立場もあるが)、ひとつのポリシーができあがった。

それは、如何にお客様の視点でサービスを提供できるか・・・。

当然と言えば、そのとおりであるが、これが一番難しい。

営業する側からお客様の立場を考えるとは、如何にモノ・サービスを売ることを考えるかではない。お客様の現状や問題点、悩み事を適格に理解し、その解決を図るための最善のサービスを提供できるか・・・。

お客様の感情を改善すること・・・それが、できなければならない。もし、自分の力では、対応できない問題をお客様がかかえているようなら、他の優秀な人・会社を紹介する必要もある。また、本当にお客様の立場にいるなら、必要なモノ・サービス以外は売らないことである。

私は、税理士であり、コンサルタントも行っている。いろいろなサービスを提供することは可能であり、また、多くのサービスを提供して、多くの報酬を得るという欲もでる。しかし、それは、お客様の立場ではなく、営業側の立場・・・必要なものだけを購入していただく、そんな提案をすると決めています。

だから、同じ税務業務であっても会社ごとにサービスが異なるのは当然であり、それに対応する報酬もみな異なってくる。

経営者とのコミュニケーションの大切さ

上記の立場にたてば、私の場合には経営者とのコミュニケーションは必要不可欠なものとなる。経営者の方が何を求めているのか。将来の展望や野心はどんなものか。最近の資金繰りはどうなのか。一番の悩み事はなにか。解決方法はあるのか、ないのか。まだまだ、・・・・あります。

お客様(経営者)の考えが理解できて、求めているサービスのみを提供する。そのサービスは多くても、少なくてもいけない。

そんな意思決定をスピィーディーに行い、提案をする。

自分のビジネスモデルが見えてきた・・・・かな

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


仕事・社会16:39comments(0)|-|
bot
3月決算
もうすぐGWですね!

今年のGWは、コンサルやら3月決算やらで・・・どんなGWになるのかワクワクです。

独立して以来、お蔭様で多くのお客様とご縁ができました。もちろん、その中でも3月決算の会社がやはり多いですね。

国税局に勤めていたとき、会社を決算期で管理をしていました。やはり、ダントツで3月決算の会社が多かったです。次に12月、9月・・・と続くのでしょうか。

日本は年度が4月〜3月で官庁・学校・会社を含めて、このサイクルで循環しています。税理士という立場になり、感じることは・・・3月決算をやめてください!!・・・という悲鳴に近いお願いです。

税務申告は3月決算の場合、5月末までとなります。年が明けて年末調整に始まり、確定申告、そして3月決算と繁忙期が続いていきます。業務の平準化を考えるならば、当然に決算がバラけた方が良いのですが、多くの会社は3月です。

我が事務所も例外にもれず、3月決算が一番多く、そういう意味でGWは貴重な時間でもあります。

でも、何故・・・3月決算を会社は選択したがるのか??

昔ほどではないにしろ、まだまだ多いことは間違いありません。

あっ・・そうそう・・決算期で税務調査に影響はあるのか。例えば、有利な決算期と不利な決算期はあるのか。

建前では、あってはあらないことです。

でも、その実態は・・・個人的見解を知りたい方は事務所のメールに連絡ください。
あくまで、個人的は回答したいと思います(笑)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


税理士・コンサルタント14:17comments(0)|-|
bot
息子の入園式
先週の金曜日は、息子の入園式でした。

平成15年5月27日に生まれ、今年で5歳になります。

未熟児で、この世に「生」を受けて、もう直ぐ5年です。子供の成長は早いもので、気がつけば・・・もう幼稚園(年中さん)です。本当にここまで、良く無事に育ってくれたものと感謝しています。

家族はもちろんのこと、お互いの祖父祖や兄弟姉妹、また、生まれた当時は多くの病院関係者の方がに支えられ、今の息子がいます。成長するにつれ、環境も変化し、支えられてくる人々も段々と変わってはきましたが、それにしても数多くの人々に支えられてきました。

そんな息子が今週から本格的に幼稚園に行き始め、親としてはどうかな??と思うこともありますが、「楽しく、喜んで」通園しているようです。環境の変化に柔軟に対応できる素質を備えているのかな?

環境の変化で思い出しましたが、娘が小3に進級したことに伴いクラス替えがありました。小1から小2へはクラス替えはありましたが、先生は同じでした。今回、初めて先生が変わり、2年間の小学校生活とは違った感情のなかで学校に行っているようです。

先生が変わったことが、娘にとっては若干のストレスになっているのではないでしょうか。当然、先生によって、指導方針が異なりますし、娘個人に対する接し方も違うのでしょう。学校から帰宅したときは、「あー・・疲れた・・・」と言っているそうです(笑)

4月、5月は環境の変化や季節の変化で、感情や体調に著しくストレスがかかる時期でもあります。これは、大人でも子供でも関係ありません。ちょっとしたシグナルを見逃さずに手を差し伸べてあげることが、とても必要なことですね。

桜の時期も終わり・・・初夏に突入しようとしています。

この夏に向けて、心も身体もリフレッシュしていきましょう!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


家族・プライベート11:01comments(0)|-|
bot
誕生日おめでとう!
今日は、妻と娘の誕生日です。

そうです。我が家は二人が、同じ4月14日なのです同じ日です・・・・

娘は平成11年4月14日です。妻は昭和○年4月14日です。

今年は誕生日が平日でもあり、また、私が出張中のために誕生日パーティーは先週の土曜日に盛大に!!やりました。祖父母、妹とその娘っこにも参加してもらい楽しい時間を過ごしました。

誕生日というと皆さんはどんな気持ちで迎えるのでしょうか。

ある年代にいくと、「また一つ歳をとった」と感じるかもしれません。また、若いうちは「何年生になったよ」と喜んだり・・・不思議だと思いませんか。どうして、若いうちは誕生日を迎えると喜びに満ち満ちて、ある年代を過ぎるとガッカリしてしまうのか。

それは、「大人になる」という感情から「若くない、年寄りになる」という感情にシフトが起きたときに喜びから悲しみにという感情に転落してしまうのではないでしょうか。

人間は「生」を受けたときから、「死」を迎える定めのなかにいます。この定義から外れることは、現代医学ではどんな人間でも不可能です。

この「死」という出来事に近づいていくことを認識し始めた時、「誕生日は悲しいもの」
にシフトしていく気がします。

そういう意味では、誕生日を迎えられたことは「当然の出来事」として考えるものではなく、逆に「奇跡」に近い感覚のほうが私にはマッチします。1年間、無事に「生」のなかで時間を過ごすことができた喜びです。1年、1日、1時間、1分、1秒・・・奇跡的に生きています。生きることは「奇跡」です。宇宙的時間軸で考えるなら、自分の存在は「無視」できるほどのものかもしれません。

でも、そんな時間軸であってさえ、誕生日を喜んでくれる家族や友人、仲間がいます。自分の存在を認めてくれている瞬間でもあります。

そうです。誕生日とは「自分の存在を認めてくれる瞬間」です。

誕生日、おめでとう!

そして、心から・・・ありがとう。私の妻として・・・娘として・・・この世に存在してくれて。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
人気blogランキングへ


家族・プライベート16:19comments(0)|-|
bot